ジョサイア・ウエッジウッドのジャスパーウエアー

 ウエッジウッド・・・

 もしかしたら、日本人が一番好きな、英国陶磁器メーカーかも知れませんね、

1759年にジョサイヤ・ウエッジウッドにより、創設されました。
f0230127_1553630.jpg


その人となりをお勉強すると、うちに何気なくあったジャスパーの小物でも、花瓶でもより愛着がわいてきます。もっと素敵に飾ってあげなくちゃ・・・
f0230127_15153964.jpg


 ジョサイヤは1730年に陶工家の父と教会関係の仕事をする母の元に13人兄弟の末っとして生まれます。

でも、彼が小学生の時に父が死亡、学校は中退して、兄が受け継いだ父の事業を手伝う事になります。

さらに10歳少々の時には天然痘にかかり、右足が不自由に、10代最後頃には切断する事になってしまいました。

というように決して幸せな幼少期ではなかったようです。

足も不自由な事から、足踏みろくろを回すこともうまくできず、

実践では役に立たず、土などの研究に没頭していきます。

その後は、色々な運命の出会いがあり、彼を成功への道へと導いていきます。

その一人はやはり、従姉で、初恋の相手、奥様になったサラでしょう、

そして、大金持ちで知識人、色々なコネクションを持った、トーマス・ベントリーとの出会いは、

ウエッジウッド社には無くてはならない存在です。

出会いばかりではなく、ジャサイヤの研究熱心さと、努力、優しく素直な心を持ってして、

やはり、数々の成功があるのだと思います。

数々の成功の一つがジャスパーウエアー。

4年の歳月をかけて、納得できるブルーを出すために1万回の失敗を経て、

出来上がったジャスパー!完成は1774年。




f0230127_15284055.jpg

こちらが、紅茶師匠の貴重なコレクション1870~1890年ころに作られた、
本物のポートランドの壺と同じサイズのもの、
底部分にもカメオ柄があるのです!

このような状態の良いものは、世界にそうそう数は無いと思います、

それがこんなに目の前に!!

このウエッジウッド社のマークにもなっている「ポートランドの壺は」
元は西暦25年頃にローマで作られた、カメオガラス、陶器に見えて、実はコバルトブルーのガラス製
だったんですね。

それを見たジョサイヤが惚れ込み、同じものを、陶器で再現したいと思ったことが,
ジャスパーウエアーでポートランドの壺を作るきっかけとなっています。

ローマからイギリスへ持ち込んだ、ポートランド公爵家の持ち物であった壺を
一年間限定でジャサイヤは借りる事ができ、
製作活動に入ります。
そして、ジャスパーウエアーのポートランドの壺が1790年に完成します。
ジャサイヤの最後の仕事となってしまいます。



ウエッジウッドマークの壺にこんな歴史があったなんて・・・

うちの母のコレクションに
f0230127_16462041.jpg
f0230127_16463994.jpg

こんなものもありましたが、
壺はありませんでした・・・やはりポイント外してる?!
でも、右奥のウイスキーのボトルは珍しいと思います。

なので、
今回、先生のところからこちらを譲っていただいてきました。
250周年の時に発売された、ミニミニポートランドの壺  オーナメント
f0230127_1701682.jpg
f0230127_1703757.jpg


最近、日本ではなかなか、英国製のジャスパーが手に入らない状況のようです。

とても手の込んだ職人技、
イギリスでも、壺のような大作を作れる職人さんは数名しかいないそうです。

そして、そして、お決まりの?中国製に移行していっている、とか・・・。

ちょっと残念ですね。
トラックバックURL : http://rosaclara.exblog.jp/tb/16337417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rosaclaratea | 2011-07-28 12:25 | 食器 | Trackback | Comments(0)