カテゴリ:CA時代のお話・・・( 19 )

30周年同期会

 先月の事になりますが、会社時代の同期会がありました。

こちらのブログでもたびたび「同期会」と称して集まりの事を書いていますが、

何かとよく集結する私たちです。

でも今回はちょっと特別・・・

なんと?!30周年でした!

って何が?。。。入社してから30年だそうですよ!(ほとんど人ごと、忘れています)

私の場合、入社して30年、退職して10年、数えやす~い037.gif

教官もいらしてくださり、大いに盛り上がりました。

もちろんまだまだ続けている人も数名いて、

辞めた人たちもそれぞれいろいろな事で活躍していたり、

お嬢さんがCAになっている人とか、

みんなとお話していると、とっても楽しい。

何かあるとさっと集まれる同期は良いですね~

たくさん元気をもらって帰りました。
f0230127_22573225.jpg




にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村

by rosaclaratea | 2015-11-28 22:50 | CA時代のお話・・・

同期会

 恒例、JAL時代の同期会に出席してきました。

普通、会社の同期というと、どうなのでしょう?、大人数?少し?

色々でしょうね~・・・

私たちの場合、同年に入社したのは何百人といますが、

訓練を一緒に受けた21名、苦楽を共にした仲間、

「教官!!」と一緒に叫んでいた、

この一クラスを「同期」と呼びます。

とりあえず、集まると必ず当時の話題は出てきます。

「ルートインフォ!!大変だったよね~」

「うちのクラス一番、リテイク多かったんだよね~」

私もリテイク受けました!・・・再試です008.gif

毎週月曜日がテスト、

週末はありません・・・テスト勉強しなくちゃ!なのです。

来る日も来る日も新しい事を学んで、毎週毎週テスト、息つく暇もありません。

2・5ヶ月続きます。

それから、誰が何年飛んだ?

今日のメンバーの中で私は2番目に多い人でした。16年間。

同期で現役はまだ2名います。

頑張れJAL!!


やはり、仲間は良いですね。
とにかく今回はよく笑いました・・・意味も無く?
飲み放題も楽しくて・・・

痛いはずの治療中の歯も、あれ?痛くない!!

そんなものね、気分転換は大切です。



また集まりましょう!次回は私が幹事かな・・・
f0230127_1363928.jpg









にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
ランキングに参加してみました!よろしければクリックをおねがいします!
ただ今、15位前後をうろうろしています。
by rosaclaratea | 2012-01-22 01:41 | CA時代のお話・・・

これは懐かしい…

f0230127_071356.jpg

近所の町をあげてのお祭りで、こちらを発見!

ちびっこランド的な一角に一際目立つスライドが!!

私から見ると、これはどう見ても、ジャンボ機のアッパーデッキからの非常用脱出スライドなのでした。

こちら一回300円で滑る事が出来ます。

思わず、滑りに行く子供に「上体は起こして直角に、手は前に伸ばして!」
などと指導してしまいました。
by rosaclaratea | 2011-08-10 00:07 | CA時代のお話・・・

 7月2日、モナコ国家元首アルベール2世公が、ついに南アフリカの元オリンピック水泳選手とご結婚されました。

アルベール公は、あの、ハリウッド女優だった、グレースケリーさんの息子です。

ついにと、書いたのは、もう50才を過ぎていて、実は過去に2人の女性との間に認知したお子さんが2人もいて・・・だけど、正式な結婚は今回が初めて。

とってもハンサム、かっこよくて、背も高く、お優しくて気さく、スポーツ万能。

え?あなた、さも会ったことあるような口ぶり・・・?!何言ってるの?


はい!私、お会いいたしました、22年前(ひゃ~!!)
飛行機内でアテンドさせていただきました。

パリ、シャルルドゴール発成田行きです。

当時モナコ皇太子さまでいらっしゃいました、アルベール公、
昭和天皇、大喪の礼にご出席のためにJALにご搭乗いただいたのです。
時の首相はダイゴのおじいちゃま、竹下登氏。

私はまだ、確かペイペイSS(スチュワーデス)三年目、その春にやっとAS(アシスタントパーサー)になる年だったような記憶です・・・

そんな私をよく、ファーストクラスに抜擢してくれました、チーフ太っ腹?!


仕事は、直接皇太子様にサービスするのはやはりチーフか先輩、
私は下働き・・・とPA(パブリックアドレス)、機内アナウンスです。
あっ、一度、LAV.(お化粧室)にご案内させていただいたわ。

でも、あの狭いファーストクラスに12時間、皇太子様と同じ空間で過ごせた事が、良い思い出、誇りです。

ご結婚おめでとうございます。
by rosaclaratea | 2011-07-03 23:25 | CA時代のお話・・・

先日、ある番組でJAL全面協力の元、楽しんごちゃんとU字工事の二人が、

羽田空港内のお仕事を2泊3日で体験する!

というものを偶然見ました。

久しぶりではないかしら?こんなに長い時間を割いて紹介されるのは。

ドラマやこういったご紹介番組を見ると懐かしく色々思い出してしまうのですよ~。

緊急救難訓練の様子もしっかり映していましたが、

今見ても、ドキッとします、

それはそれは厳しい訓練なのです。

あと、出発前のブリーフィングも、

ピーンと張り詰めた感じの緊張感がたまりませんでしたね~。

ブリーフィングと言えば、私は大失敗をしでかした事があります、

それもまだOJTと言って一人前になる以前の訓練の仕上げの段階で・・・

そこで、今日も、リバイバル記事にさせていただきます。

以前別のところで、書いたものですが、思い出しましたので006.gif

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


そこでわたくしのお話・・・
お陰さまで、無事、2ヶ月半の訓練が終わり、OJTへ
進みました。
初フライトはジミーにソウル日帰りです、
何がなんだか、解からないうちに帰って来た記憶です。
家に帰ってからもなーんかフワフワ感が残っていて、軽い空酔い
だったのかもしれません。
始めは、たくさんのお客様がみーんな自分を見ているような気がして、恐くて、上手に話せなかったり、
こんなはずじゃあない!って感じです。
それがねー次第に、ジャガイモさんに見えてくる!って言うのは
冗談!!度胸って据わってくるものです。恐ろしい・・・
お客様との会話が楽しめるまでになるのです。
後に、300人程のお客様を集めて、公演なんかもしちゃったんですよね。会社からの、業務命令にてギャラなしでした。
こんな感じに、フライト以外のお仕事ってたまーに
振り当ててもらったりするんですよ、
その他に私は、TV出演も果たしました!
ソウルの街案内という役です、楽しかった!
クイズ番組のエキストラとか、制服着て、座ってるだけ。
あとスッチーグルメ本にお店紹介したり、
スポーツ新聞ですが、記事を一つ書いた事あります。

お話がそれましたが、
初フライトの次、サンフランシスコでした。
私にとっては、初太平洋越え、時差がきつかった。
何事もなく、というか、フツーに先輩へは迷惑のかけっぱなしだったかと思います。

順調だったOJTもここまで!
3回目あたりで、私もちょっとした有名人になれました!?
キャプテンとのミーティングをお客様の乗る前の機内でやるのですが、その場で、私は緊張のあまり、というか体調も優れず、
「バッタン!!」と直立のまま後ろへ倒れたのです。
頭は打ちませんでしたが、星が回ってました。
少し気を失い、即刻車椅子で機内から下ろされました。
その、あたりで意識回復、
変でしたよ~~お客様から見れば、
制服姿のスッチーチャンが今から乗ろうとしている、飛行機から
車椅子で降りてくるんですもの!
香港でした、
幸運にも、次にももう一便あって、それで私は
座って帰ってくる羽目に・・・
もうおしまいだ~~っと思ってました、OJT延長?
それがラッキーにも延長なしにすり抜けられたのでした。

が、しかし、その後しばらくは、全く知らないキャプテンから、
「あーキミ!倒れた子!」なんてからかわれてました。
どうやら、倒れ方が、面白かったらしい・・・

クルーの噂は24時間で世界を回る!
なんてよく言われてましたがほんとかもしれません。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

長々とお付き合いありがとうございました。001.gif
by rosaclaratea | 2011-05-23 22:51 | CA時代のお話・・・

思い出のジャンボの中

 今日も、リバイバル記事です。
ちょうど、退職したころの5年ほど前に書いたもの。
紅茶には全く関係ないので、ご興味のある方のみご覧くださいませ~。
 先日、JALの全てのジャンボもさよならしてしまい、
まさに、私の職場だった所が無くなっってしまった感があります・・・さみし~・・・
そんな、ジャンボ内の思い出も少し違う角度から、記憶にとどめておきましょう、ということで・・・・・?!?

    *~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~


職場に居た頃、3月も中旬を過ぎる頃になると、
そわそわ、ウキウキ、ざわざわ・・・と皆していた事をつい思い出してしまいます。決して春を待ちわびてでもなく、訪れた春を喜んで、というわけでもありません、
逆に季節感の無い生活を送っていたかもしれません。
「あー今年は桜を楽しまなかったワー・・・」という年もしばしば。

では、何をそわそわ、、、?
どちらの会社でもあると思うのですがあ、人事異動です。
昇格というイベント?もありますが、
私のいた職場では、グループ変え
言ってみれば、小学生のクラス変えと同じです。
泣き笑いがあるのですよ。

やはり、その20名ほどのメンバーと一緒に飛ぶことが
ほとんどですし、そして、ステイ先でも一緒なわけです。
もちろん食事なんかも。
家族よりも一緒に過ごす時間が多かったりします。
楽しい乗務員生活か否かを左右します。
結構、日本人の女性の世界、、、想像できませんか?

幸運にも私は、16年間メンバーには恵まれていたと思います。
いや、ノーテンキなぶんあまり変な事に気がついていなかった?
ま、多少のいやな事も、今となっては良い思い出。

では、ここで、一つ今日は、
職場=飛行機内の仮眠施設のご紹介を
良くご存知の方も最近は多いらしいのですが、
ヨーロッパ、アメリカなど12,3時間以上ものフライトですと
交代で仮眠を取ります。2時間もとれればいいほうです。
クルーバンクという名のその場所をこっそり・・・
ジャンボB747は、最後尾エコノミークラスの右側化粧室横に入り口があります。
暗証番号を押すと開けられます。暗証は・・・やめときます(笑)
その、狭い階段を上ると、8床のベットがありまーす。
あと一般のお客様のいる二階席へ上がった階段脇に2床あります、
こちらは、カギなし!なので、主に男性乗務員が使います。
そして、私達には関係ありませんが、コックピット内にもベットがある機種もあります。

とにかく異常乾燥の機内、特にこのバンク内はひどい!
1年で5年分の肌の老化は覚悟!といわれています。
え?じゃ私は何歳の肌よ!?><;
皆、必至です、マスクは必需品
お化粧を取ってしまってパックしながら寝てる人も、、、。
髪の毛はアップにしている人もほどいちゃいます。
見せられない光景ですよね。こわ~
でも元の顔に戻すのが大変なのですね(笑)
髪ボサボサなスッチーちゃんに遭遇したい方は
最後尾右側の客室でしばらく待っていてください。
そのうちクルーバンクから化粧室に駆け込む制服姿の変な子が出てきます。

飛行機から離れて早4年、つくづく、季節感を楽しめる日本にずーっと居られることに嬉しさを感じています。
今年の桜も待ち遠しいです♪
by rosaclaratea | 2011-03-03 09:01 | CA時代のお話・・・

モスクワ便

前回のロシアンティーのお話から、
CA時代のモスクワステイの事を思い出しました。
今回の記事は、以前に別のところで書いたもので、
キャビアについてスポットを当てたお話だったのですが、
評判が良かったものなので、そのままリバイバルいたします。

       *~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*


乗務員として、モスクワへはイヤと言うほど行きました。
当時、日本からヨーロッパへは、アンカレッジ(アラスカ)経由の北回り、バンコク、インド、中東などを経由する南回り、
そして、
モスクワ経由がありました。
現在のように、シベリアの上空を通る直行便はありません、
あの上を通れればヨーロッパはもっと近いのにと言われていました。

と言う事で、モスクワへも行かなければなりませんでした。
それも宿泊するんです、外はー20℃、
息が凍るどころではありません、
内臓が凍る感じ!
とにかく不人気でしたね。(自分のの好きなところへ旅行できると言うお仕事ではないのは充分わかってはいましたが)
それも私は、ジュニア(まだ出たての新人)時代に担当になってしまって、、、。
担当路線はなかった時代なのですが、モスクワだけはビザの関係で
1年間同じ人間が行くのです。
1987年だったと記憶しています。
ペレストロイカも未だ聞いていなかったと思いますが、、
その辺よく覚えていません、
担当の年の最後頃にやっとマクドナルド第一号ができる!!とかで
騒いでいたような、、、。

とにかく何もないのです、
くいしんぼーとしては、食事が結構辛かったかな、
ホテル内には、一軒ロシア料理を出すところがあり、
チキンキエフなんかは、好きでしたが、油っぽい、
毎日食べるわけにもいかず、それによくわからないサービスをされる、、、注文をまずなかなかとってくれなかったり、
注文しても食事が出てこなくて、言葉は良くわからないし、
そのうち、「キャビア?かに缶?」とか言っちゃって
変な取引しようとしたり。「今度来る時マイケル ジャクソンのテープ持ってきてよ」とか???

なので、モスクワ行きの時は、スーツケースの中は、食材でいっぱいでした。持ち寄っては、クルールーム(宿泊ホテル内に会社が借りてくれている共同部屋)で自炊したりしていました。
ま、こんな時もジュニアが活躍しなくてはいけないわけです。
学生の合宿みたい。

やっと本題、
レストランでも声がかかるくらい私達日本人がキャビアや蟹缶を欲しがっている事はよくあちらはご存知で、
4~7日のステイ期間に例のクルールームに夜な夜な密売人がやってくるのです。
でもすぐそこで取引はしません、
後で、外で、
皆のお金を集めて買ってきてくれるのは、若手のフライトエンジニアと私なんかよりももうちょっと先輩スチュワーデス。
カップルを装って行きます。
車の中で、とか陰でとか、恐ろしいですよね。
さーお値段です、いくらでしょう?

先ほどネットで調べてみました、
キャビアって粒の大きさで3段階にランク付けされているんですが
一番大きい粒のベルーガ(青い蓋)大瓶113gが19800円
でした、それをUS20~30ドルでした。
蟹缶はUS10~15ドルだったかな。

そして、日本への持ち出しもキャビア2個、蟹缶3だったかな、は
税関を通してくれる事になっていました。

いい時代だった?
by rosaclaratea | 2011-03-02 08:19 | CA時代のお話・・・

 今日の朝刊に大きく記事が載っていました。

2001年に起きた事故、まだ裁判が続いていたのです。

管制官への有罪確定と言う事でニュースになっているようです。

2001年1月31日
静岡県上空、JAL907便 羽田→沖縄         
        JAL958便プサン→成田

管制官の指示ミスにより、あわや空中衝突!!
衝突を避けようと機長は急降下、その時に907便の方は100名近く負傷者を出してしまったのです。

私が乗務していた、958便の方は一瞬「がっくん」と機体が沈んだ感じがしましたが、
この「がっくん」の時に実は、コックピット内は騒然としていたのでしょう。
「まもなく、新東京国際空港 成田に着陸いたします、お座席のベルトをしっかりとおしめください。」
なんて、優雅にアナウンスしちゃって、着陸です。
そしてこちらは負傷者0

負傷者0と言うのも、何も、その時何が起こっていたのかさえ知る事も無く、
まさかこんな大変な事故に関っていたなんて、
帰宅して、TVのニュース、方々からの電話で気がつく!!といった始末でした。

その後、事故内容を詳しく知る事になるのですが、
知れば知るほど、恐ろしくなる!!
だって、両飛行機が、最も接近してしまった時は、たった、10メートルしか離れていなかったんですよ!!
空の上での大きな飛行機同士の距離としての10メートル!!
ってほとんどぶつかっているも同然です。

コックピットの窓はとても視界が広く見えるよう大きく前面にあります、
その窓いっぱいに全面が一瞬真っ白に埋まっていた!そうなのです。
解ります?JALの機体の色は真っ白です、そのボディーしか目の前に見えなかったと言う事です。
お~~怖い・・・
機長さんってすごいです。とっさの判断、技術、精神力

もしも・・・もしも・・ぶつかっていたら・・・両方合わせて677名・・・

私も今頃こんなお気楽に紅茶なんて飲んでいられなかったかも・・・と思うと・・・008.gif

しかし、あの時、色々初体験をさせていただきました、
国土交通省、成田空港警察、会社の事故調査関連に協力です。

そして、もう辞めてもいいかな~と考えるようになった、要因の一つ・・・かも


羽田の4本目の滑走路も使用開始、
ますますこれから飛行機も増え、さらに過密スケジュール、
空の安全、祈るばかりです。

そして、明日も飛行機に乗る予定・・・
台風、大丈夫かしら・・・
by rosaclaratea | 2010-10-29 22:29 | CA時代のお話・・・

プティ 同期会

 つい先月も、大々的にCA時代の同期会がありましたが、

今月もまた!!

と言いますのも、海外に住んでいる人は、それぞれの都合もあるので、

意外と突然に一時帰国したりします。

今回も、国際結婚して、ウイーンに在住の同期がやってきました。

少人数ながらも、すぐに集まれちゃうところが、さすが皆様、行動派!!

少ないといっても6名です。

現在は、丸の内OLをしていて、ランチタイムに抜け出してくるKちゃんがいるから、

集合場所はブリックススクエア、
f0230127_10114656.jpg


お店は、外国帰りのJちゃんのリクエストにより、和食。

ウイーンには、日本人が経営している和食レストランは4件しかないそうです。

そして、予約を入れてくれた、Wちゃんの予測は正しく、

個室で正解!!

だって、うるさいもん私たち・・・

想像に容易いかと思いますが、ひたすら弾丸トークです、

声も大きい、長年のフライト生活で声って大きくなっちゃっているかも?いやお年のせい?!

やだやだ・・

一番最近、今年辞めたてのWちゃんは、やはり、今の会社事情に詳しい・・・

ここだけの話、「残るも地獄、辞めるも地獄」なんて言うようですが、厳しいです。

現場の細かい話ですが、

早朝の国内線乗務のとき、昔は、「クルーミール」という、ボックス入りのお弁当が会社から

出ていました。それをフライト前のオペレーションセンターで、パクパク食べて出発です。

それがバナナ一本に変わった?!と言ううわさを彼女に尋ねてみたら・・・

「バナナ一本じゃ、まるでお猿さんじゃな~い!!、ヨーグルトとパンがつくわよ!!」

とのことでした・・・・

ですが、そんなお弁当が会社から出される事自体、恵まれていたのかもしれませんよね。

ANAさんなどはとっくに廃止しているらしいし・・・

そういう細かい事がまだまだ沢山あるのかも知れません。

 それより、私は現在どっぷりと、ドメスティックな生活に浸っていますが、

皆のインターナショナルなお話を聞いていると、とても刺激になりました。

また、集まりましょう!!
by rosaclaratea | 2010-10-20 10:11 | CA時代のお話・・・

5*0期、5*1期 同期会♪

CA時代の同期会があり、行って参りました!
一期21人づつで42名中31人も出席、教官もいらしてくださって、とても賑やかで楽しい会となりました。
私達がJALに入社して今年で25周年なのです。
私はもう5年前に退職しておりますが、まだ現役の人も数名…頑張っています。教官のお嬢さんもCAになられ、そのまた教官を、セミ同期の子が勤める・・・
とういう、まさに時代はめぐって行きます!

美味しいイタリアンにワインと共に、
懐かしい訓練所時代の写真を見たり、
今だから話せる話~なんて出てきたりして!?
大いに盛り上がりました。
f0230127_22494827.jpg

訓練中の一番のヤマ、救難訓練!


f0230127_22502161.jpg

今では幻の着付け!
機内では、着物サービスなんていうものも当時はあり、必ず着付けのレッスンもありました。

あの2・5ヶ月過ごした訓練所にだけは二度と行きたくない!と誰しもが言います、

でも、ちょっと気恥ずかしい言葉ではありますが、キラキラした青春を共に過ごした仲間、
同期っていいですね~
時間が経っても、いつまでも、大切にしていきたい、
そんな気持ちで帰ってきました、
また集まれる事を約束して・・・
by rosaclaratea | 2010-09-12 14:35 | CA時代のお話・・・