クリームティー

 「クリームティー」   と聞いて、何を思い出しますか?

なんとなくこの季節くらいから、美味しく感じるミルクティー、それに合わせていただくスコーン。

まさにこのメニューがクリームティーと呼ばれているものですね。

先日、紅茶の師匠のところで、3種類もの手作りスコーンと共にゆっくりクリームティーを楽しませていただきました。

f0230127_0264087.jpg

スポードのブルーイタリアンでそろえたテーブルはとっても先生のお宅の雰囲気に合っていて、素敵!

陶器の温かみを再確認してしまいました。

冬になると、磁器ばかりではなく、陶器でティータイムしたくなります。

そして、今回は改めて学びました、スコーンのイギリスの歴史との関係、スコーンの由来、
f0230127_101378.jpg

こちら先生の貴重なコレクション!
「スクーン宮殿のスクーンの石」 レプリカ。

色々な場所で提供されるスコーンのレシピの違い、

これが面白い!!例えば、イギリスのスーパーなどでも手に入るような甘味の少ない、素朴なもの、

ホテルのアフタヌーンティーなどでいただく、お砂糖、牛乳がたっぷり目なリッチなもの、

この二つの中間の普通のティールームなどでいただけるもの。

それぞれのよさがあると思います。

先生のところで頂いた、ブラウンズホテルのレシピのスコーンが美味しかった~。

さて、スコーンといえばクロテッドクリーム、

今回は2種類も用意していただいて、

イギリス、デボンのもの、乳脂肪48%、

日本のメーカー、乳脂肪63%のもの  味比べ・・・

先生のお母様のお庭で採れるベリーの手作りジャムと一緒に!

そうそう、私の悩み?でもあった、

スコーンに塗る時、クロッテットクリームが先か、ジャムが先か?

今回、先生にうかがって、ちょっと解決しましたよ!

私のようにクロッテッドを先に塗るのは、「デボンシャー塗り」

ジャムを先に塗るのは、「コーニッシュ塗り」というそうで、

どちらもクロテッドクリームの産地ですが、デボンが元祖ですね、

それぞれの地方でよく塗られている方法らしいです。

ま、正解は無いのね、美味しくいただければ、良いのでしょう。

Tea Garden Rosa Claraも、クリームティー 紅茶の会を開きたくなりました~

うーん、来年かな~。


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
参加してみました!よろしければクリックをおねがいします!
by rosaclaratea | 2011-11-06 01:08 | 紅茶