人気ブログランキング |

プレミアムティーを楽しむシェフズランチに行きました♪

ただ今募集中の11月12月の紅茶の会はこちらをご覧ください→★★★

 もう、10日も前になってしまいましたが、先月末、

「紅茶の日」のイベントとして、催されたエインズレイ ジャパンとCha Tea紅茶教室共催の

ランチを楽しんできました。

こちらが、ただのランチではないのですよ~、

紅茶が主役です。

普通は、何かお食事であったり、スイーツがあり、それに何の飲み物を合わせようかしら?

と考えますよね、

今回はまず選りすぐりの紅茶、全て手揉みを立川先生がご用意して、その紅茶が一番おいしくいただけるメニューを

ニューオータニ ベッラ ヴィスタのシェフとレストランのソムリエールでもあり、ティーインストラクターの沼倉さんが

メニュー構成、紅茶の抽出方法、提供温度、グラスの種類までをトータルに考え抜かれたものだったのです。

そこに、さらにテーブルフラワーは全てエインズレイの陶花、デザートのティーセットもエインズレイ。

それはそれは贅沢な、素晴らしい宴でした!

このずらりと並んだグラスに次々と紅茶が注がれていくのです!
f0230127_12375929.jpg

乾杯~!
こちらも紅茶です。ダージリン春摘み、ピュッタボン農園
調度よく甘味が加えられていて、シュワっとしていて、感動の美味しさでした。
配合も教えていただけたので、今度再現してみましょう!

そして、最初のお皿、サーモンを低温調理されたお料理へとつながっていきます。
生のサーモンを調理したものには、このように甘めのお茶がとっても合う!発見でした。
f0230127_1341479.jpg


f0230127_12473570.jpg


白ワイングラスでニルギリ、グレデール農園を   自家製サルシッチャと茸のアーリオリオと。

少々オイルがきいたパスタに、時間をかけて濃く抽出したニルギリがベストなマリアージュでした。

因みに、少々残しておいた前のダージリンをこのお料理に合わせてみましたが、やはり???になるのです。

そして、

ヒマラヤのジュン チャバリ農園を赤ワイングラスで、
合わせたお料理が、牛フィレのオリエンタルソース。
オリエンタルソースの甘味とヒマラヤンの香りがよく合って、
お肉の味で満たされたお口の中が、最後に紅茶の香り、余韻で、すっきりと楽しめます。

デザートには、ダージリン夏摘みムーンライト、 キャッスルトン農園です。
栗のクープ仕立て。

ホットティーでいただきますが、それぞれのテーブルでエインズレイのティーセットが違うというサービスです。
勿論ティーポットまで合わせて紅茶を注いでくださいます。
私のテーブルはエデン シリーズでした。

70名ものお客様を個々に器も合わせて・・・普通できません・・・
さすが日本の老舗ホテルだなあ~と感心しました。
ついついサービス面を見てしまいます。元サービス業のサガ?!
私のテーブルを担当してくださっていた女性の笑顔は光っていましたよ。
笑顔と真顔のバランスがとっても良かったです。
f0230127_13351839.jpg



ご一緒のテーブルの方々とも、紅茶とお料理が運ばれてくるたびに、大騒ぎ、楽しく過ごさせていただきました。

エインズレイ ジャパンの社長 香川さんの貴重なお話もスライドを交えて興味深く聞かせていただきました。

Cha Tea紅茶教室の方でも今まで、沢山のエインズレイのお勉強をさせていただいています。
前回のレッスン時のアンティークエインズレイのカップの見事なコレクション!!
また、改めてご紹介しますね。

そして、今度はそのエインズレイの絵柄をサンドイッチプレートに自分で転写するという貴重な体験をさせていただきます。
またご報告します。



にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村

お読みいただきありがとうございます。
ランキングサイトに登録しています、↑の写真をクリックしていただけると、嬉しい!です。
他の方のブログも紅茶情報いっぱいです。
by rosaclaratea | 2012-11-06 12:34 | 紅茶